全国送料
660円
北海道・沖縄県を除く
はじめにお読みください

ブログ

2020/05/28 17:33

そば猪口の季節がやってきました。
私、店長オザキのうちでも今期初そうめん!

九州長崎はやっぱり島原そうめんです。
弾力とつるんとした透明感。
そのまま食べてみるとわかるんですが、ちょっと塩気があります。
なので、麺がよく締まって、薄口のだしとよく合います。

週1が週3、そしてエブリデーそうめん…
そんな夏がやってきます。

今年のそば猪口はこだわりましょう!
スタッフが売りたくなーいと言いながら撮影していた素晴らしい手描きのそば猪口。

思うに、そば猪口は実に庶民のうつわ。
小鉢としての歴史が長かったところにそば猪口としてヒット。
蕎麦文化の開花した江戸初期。
当時はもっと簡素なデザインでした。
潔いシンプルさも素敵ですが、
そこに遊び心全開で贅沢にデザインされたそば猪口たちが登場。
今の和食器アイテムでも人気は格別で、
そのディテールの高さに思わず唸るものばかり。

我が家では絵柄いろいろ、かごに積み上げておきます。
コップとしてお茶やコーヒー、お酒に。
私はよく小粒納豆を仕上げます。
アイスとバナナでフレッシュパフェ風。
和え物、たまご豆腐、薬味入れ…便利すぎてヘビロテもの。

特別価格ですから、、、本当にお早めに。